ようこそ! 高知県教組のホームページに!
運動会や合宿、修学旅行など行事の多いころです!
熱中症への注意も必要な季節です。
健康で、子どもたちの前に立ち続けられるように
体と心には気をつけて下さい。!


次の季節へ

戦争法廃止2000万署名実施中

その署名用紙やビラはこちらから
No more War!  No more Abe

組合って何? どうやったら入れるの? という方へ

<お知らせ>
21日から明日を拓く連続講座が始まります。
8日から始まった、平和行進が西から東に進行中です。
21には、高知市で網の目平和行進も行われます。

 

<5月16日 障害児学校の「設置基準」策定を求める署名>
母親大会の案内を載せました。

<5月13日 教育通信、3月号、4月号をのせました。>
高知市の網の目平和行進の予定を載せました。

<4月27日 遠い未来ではない経済的徴兵制の話 紹介>

<4月25日 明日を拓く連続講座の案内を載せました。>

<4月13日 第41回教育講座の日程などを載せました>


以上の案内を載せました。

<4/2 サポートスペースの案内を載せました。>


<3/28今日の新着情報>
記事見出しをクリックするとその本文にジャンプ!
 高知県教組と共済の宣伝ビラが出来ました
 教職員の権利ビラを作成しました
 臨時教職員のみなさん、16年度も頑張って下さい!

<3/25の新着情報>
 退職される先生方、ぜひ退職三団体へ!(再掲)

【分野別ニュース】文字の部分をクリックするとその分野の記事が探さずに読めます!
全教等全国の動き  県内の動き 教文関係 生活権利関係  
 
専門部関係   免許更新制  臨時教職員  組織関係  
  県教組の思い・連絡先・地図  その他  ■ブログ「書記長の小部屋」 
<生活権利関係>

教職員の権利ビラ、作成しました。
どうぞ参考にお読み下さい。

そのビラはこちらから

10/15 県人事委員会勧告発表!
一時金引き上げなし
月例給引き上げは30才代前半程度まで

その人事委員会のHPはこちらから

給与表(事務職・小中+県立教諭)改訂部分の比較表はこちらから
作成・県教組生権局

2/23 県議会、勧告実施の条例改正議決。
今年度中に引き上げ対象者には「追給」が支給されます 
 賃金労働条件確定交渉実施

9/29 県教委に要求書提出

長時間過密労働解消・賃金引き上げなどを要求
その要求書はこちらから

11/19 県教委に要望書も提出
その要望書はこちらから

11/5 教職員・福利課長と交渉
11/12 教育長と交渉実施

・人勧による給与引き上げは、国の動向を見てから
・臨時教員の次年度着任開始は4/1
・採用審査における年齢制限は緩和の方向
などの回答がありました。

全体的なまとめは、教育通信11/25号でお知らせしています。


全教職員署名615筆、ありがとうございました。
短期間の取り組みでしたが、多くの数が集まりました。
ご協力に感謝いたします。
 3/17 16春闘要望書を人事委員会に提出
16県人勧に向けて、注視・調査・勧告して欲しいことを伝えました。

<主な要望項目>
①「給与制度の総合的見直し」を勧告しないこと。
②「学校現場の勤務実態の改善」に関して、さらなる勧告を。
③さらなる多様な「短時間の再任用制度」の導入。再任用を定数外に。
④母性保護・子育て支援策の充実を求める勧告を

その要望書はこちらから

3/14 16春闘要望書を県教委に提出
16年度中の検討・改善の中に、
要望項目を加えるよう求めました。

<主な要望項目>
①「先生のいない教室」解消。臨教制度のさらなる改善。
②さらなる多様な「短時間の再任用制度」の導入。再任用を定数外に。
③労安体制確立など長時間過密労働解消策の実施

手渡しした要望書はこちらから

 人事評価制度・査定昇給制度
アンケート結果発表

14年7月、高知県教組・高教組では、
人事評価制度・査定昇給制度のアンケートに取り組みました。
その結果を、ここに公表します。
アンケート用紙はこちらから
集計一覧表はこちらから
自由筆記部分はこちらから

結果から考えると、主な点として次のことを指摘します。
①これらの制度についての周知・理解はまだ広がっていない
②自分たちの能力向上・やる気向上にはつながっていない。
③多くの人が負担に感じている。
④制度に改善を求めている。  等

ご協力いただいた方々、ありがとうございました。


なお、この結果の抜粋は、教育通信12/25号に載せています。
その通信はこちらから
表面  ウラ面
14 1/15~ 全県地教委キャラバン実施
長時間過密労働解消・労安体制確立を求めて
子どもと教育を守る高知県連絡会(子連)とともに
県内各地教委を回りました。


その要求書はこちら


一つ下のタグの実態調査結果と、
二つ下のタグの「医師の面接指導制度化アンケート」の結果を示しながら、
地教委段階で出来るとりくみを要望してきます。

ブログ書記長の小部屋に記事あり
 7/27 文科省、通知を発表
「学校現場における業務改善のためのガイドライン」
~子供と向き合う時間の確保を目指して~

長時間過密労働が依然として解消されていない実態を下に
業務改善の方策を提言。

その文科省HPはこちらから

ブログ書記長の小部屋(7/28)に記事あり

’15 2/4 全教、談話発表
病気休職に追い込まない施策を!

その内容はこちらから

1/29文科省が発表した統計資料はこちらから
 
 全教、勤務実態調査2012の
最終報告を発表。
全国平均で月91時間13分の残業!

それを報じる全教HPはこちらから

’13 12/4全教、文科省交渉
給特法の改正なども要求
その様子を報じる全教HPはこちらから

高知県の集計結果も発表
高知県は、全体79時間53分
「教諭等」に限定すると、86時間01分

その概要はこちらから
それに対するアピール(書記長私見)はこちらから

★ブログ書記長の小部屋(’13 11/1)にも記事あり

 11年秋 「医師の面接指導」地教委アンケート
結果を公表しました。
アンケート結果はこちらから
その附属資料はこちらから

残念ながら、制度として確立していない実態が浮き彫りに。
それぞれの市町村教委に確立を要望していきましょう。
全教・ハラスメント防止のパンフ作成
ご覧になりたい方はこちらからどうぞ

12/24 人事異動に関して
県教委に要望書を提出

本人の希望の尊重・長距離通勤解消など、
様々な要望を申し入れました。

その申し入れ書はこちらから
 
9/1 人事異動方針に関して
県教委に申し入れを実施
本人の希望を最優先・再任用の着任校は希望優先などを
人事異動方針に盛り込むように要請

その申し入れ書はこちらから

 
3/22 マイナンバー制度学習会実施
10名程度の参加でしたが、みんなで学びを深めました。

ブログ書記長の小部屋(3/23)に記事あり

 主催団体から報告をいただきました。
 11/19 マイナンバー制度に関して
質問書を県教委に提出
取扱要項の有無や扱える人の特定の有無、
出したくない人への対応など疑問点を列記しています。
その質問書はこちらから

この質問に対する県教委の回答は、
教育通信12/25号のウラ面に特集しています。
その通信はこちらから

県教委は、事務担当者がその事務対応をするように
指示をしているようです(11/13付け文書)。

16年1月よりマイナンバー実施開始
様々な懸念は払拭されていません。


8/3 県教委、再任用制度発表
「多様な勤務形態」に前進!
しかし、県立教諭には短時間勤務制度は導入せず等、
問題点もいくつか。

それを報じる県教委HPはこちらから

ブログ書記長の小部屋(8/5)に記事あり
 
☆定年延長問題☆

’15 7/7 新たな要求書提出
多様な短時間勤務制度の導入や、定数外にすること、
職務内容を学校に任せることなどを要望しました。
その要求書はこちらから

県教組が過去に提出した要求書

①’13 10/28 一度目の要求書提出
希望者全員、多様な短時間勤務制度などを要望。
その要求書はこちらから

②’14 11/21 二度目の要求書提出!
「原則フルタイム」の見直しや、
多様な短時間制度の導入や定数外とすることなどを要望。
その要求書はこちらから

なお、退職者が臨教で着任する場合に、履歴書の記入は
退職後で良いことを徹底することなども要望しました。

top
<臨時教員制度>
 

 2016年度も頑張って下さい。
高知県の教育を最後の砦で支えているみなさんに、心から敬意を表します。


4/1からの着任実現、良かったですね。
4月分の住居手当、通勤手当等が出ます。

新しい着任校の連絡は、始まっているようです。
新しい学校で頑張って下さい。

もし何かあれば、ぜひ高知県教組にご連絡下さい。
☎088-822-4135

16年度新学期も引き続き「臨教不足」を懸念!
緊急事態宣言など、臨教不足を解消させるために
広く県民世論に訴える行政側からの取り組みが
必要であると感じます。


9/1 臨教確保に関して申し入れ
「先生のいない教室」解消・防止に全力を挙げることを要望。
特に、産前休暇の代替などを要望。
その申し入れ書はこちらから

<お願いです>
①空き席の情報を県教組にお寄せ下さい。
②退職者など「それなら着任を・・・」と思われる方も、情報をお寄せ下さい。 
2/9 第2回名簿登載者発表
合計27名が登載されました
小8名、中5名、小中養護3名、小中栄養2名
高校教諭5名、特別支援教諭4名、

第1回目と合わせると、合計282名。

このことを報じる県教委HPはこちらから
 
10/6 第1回名簿登載者発表
 合計255名が登載されました
小110名、中58名、小中養護20名、小中栄養3名
中高連携教諭2名、高校教諭31名、特別支援教諭26名、
特別支援栄養教諭1名、県立養護教諭4名

そのことを報じる県教委HPはこちらから

16年度の臨教募集要項、すでに発表済み!
それを報じる県教委HPはこちらから

 3/22 今夏の採用審査要項発表。
その要項を発表する県教委HPはこちらから

1/28 県教委、審査要項の変更点発表。
採用審査で、いくつかの前進!
①年齢制限49歳に引き上げ
②一次審査(筆記)を7/9(土)に
小学校受審者は面接も10(日)に
他校種は、7/25・26(月・火)に面接

③大阪会場でも小学校受審者対象の試験実施
④正採教員(経験者を含む)には一定の配慮

そのことを報じる県教委HPはこちらから

ブログ書記長の小部屋(1/28)に記事あり

 12/24 県教委に申し入れ
16年夏の採用審査で改善を要望しました
支援員の扱いの改善等を求めました

その申し入れ書はこちらから

 7/7 15夏の採用審査で申し入れ
採用数増や一次試験の合格者増など
今からでも出来る運用改善を求めました。
その申し入れ書はこちらから

 なお、’14 12/11にも同趣旨の申し入れをしています。
その申し入れ書はこちらから
6月市町村議会で「臨教確保」の決議
21自治体が決議!
本山町の決議はこちらから

確認できた自治体名
安芸市、東洋町、奈半利町、馬路村、香美市、南国市
大豊町、本山町、土佐町、高知市、土佐市、須崎市、
日高村、佐川町、越知町、津野町、四万十町、
四万十市、土佐清水市、宿毛市、大月町

 県教委、小学校教諭新たに募集
若年退職者等対象の特別選考募集を実施
10年以上の経験、満40才以上50才未満対象
「平成28年4月1日付け採用予定者を選考する資料を充足することを目的」
提出書類(学級通信など)と面接審査で合否判定

結果は、2名受審・2名合格でした。

そのことを報じる県教委HPはこちらから

ブログ書記長の小部屋(9/8)に記事あり

 7/1 県教育長・臨教待遇改善を回答
来年度4月1日着任を実現、諸手当支給へ
その答弁などの詳細は、教育通信7/10号掲載
その通信はこちらから


’15 2/23県教委、臨教着任日延長案を通知
一歩前進へ!
2015年度末(16年3月)は、義務関係3/26まで
県立関係3/30まで
2015年度末の保険の継続は予算化

その通知文書はこちらから

 明日を拓く連続講座 開催日程決定

教員採用審査に向けての学習会「明日を拓く連続講座」の日程が決まりました。
今年は、年齢制限が緩和されるなど、変化も大きく、心配な点もあるのでは、
例年たくさんの方が参加しています。

詳しくはこちらから
臨教の着任調査を行っています。
お構いのない範囲でご協力下さい。

調査用紙はこちらから


top
 <教文関係>

残念ながら、ゆきとどいた教育署名
今年も高知県議会では賛成少数で不採択

議員35人中8~9人(共産党全員と県民の会一部)の賛成
各議員の賛否の結果はこちら(県議会HPより)から

12/10(木) 県議会に5万4852筆を提出
私学関係 4万7771筆  子連・教組関係 7081筆
合計 5万4852筆

*提出の様子は、ブログ書記長の小部屋(12/10)に記事あり

12/18(金) 県議会委員会で意見陳述
請願採択に向けて、意見を発表してきました。
総務委員会での発言原稿はこちらから

その感想などは、ブログ書記長の小部屋(12/19)に
2/26(金) ゆきとどいた教育を求める署名
国会提出 746万4784筆!

高知からは、5万6581筆!
今までのご協力に心から感謝申し上げます。

 ’15 5/12~ 子連、全県キャラバン実施
地教行法改悪と文科省統廃合新基準について、
子連役員が各地教委を訪問し懇談しました。

①懇談の申し入れ書はこちらから
②地教行法に関する申し入れはこちらから

この申し入れにもとづいて、教育長さんなどと懇談を行い、
地域の学校・教育を守って欲しいことを伝えてきました。 

9/8 田村教育長と懇談実施!
この結果に基づき、臨教不足問題と総合教育会議について、
懇談を行いました。

 6/24 学校教育法・一部「改正」へ
全教、反対する談話を発表
小学校入学段階からの複線化(差別化・序列化)や
学校統廃合の促進を懸念します。

その談話はこちらから

 ’15 1/19 文科省、統廃合基準変更へ
「交通機関利用でおおむね1時間」???
「複式学級は統廃合」???

その内容は、こちら(文科省HP)から

反対する意見を含むブログ書記長の小部屋(12/26)はこちらから

2/4 全教が談話発表
機械的統廃合を許さず、教育条件整備を
その内容はこちらから
全教が高大接続の学習資料を発表
文科省が進めようとしている高校改革・大学入試改革について、
問題点を指摘しながら、どうあるべきかを解説しています。

その資料はこちらから

10/7 全教、書記長談話発表
高大接続システム改革会議「中間まとめ」について
問題点を指摘しています。

「中間まとめ」はこちら(文科省HP)から

その談話はこちらから
 

'14 1/14 全教・談話発表
「~すべての青年の学力と人格の完成を保障する
『高大接続』となるための慎重な国民的議論と合意の形成を」
 
12/22中教審答申に対して

その談話はこちらから

その中教審答申はこちら(文科省HP)から
 こうちこどもサポートねっと様から
「サポートスペース」の案内が届きました。
子どもたちに、無償の学びの場を提供してくれています。

その案内です。
3/19(土) 子連が学習会を実施!
「18歳選挙権と高校生の政治活動の自由を考える」
講師 谷脇和仁さん(弁護士)
参加者は約50人。学びを深めました。

ブログ書記長の小部屋(3/21)に記事あり
 
'14 1/7 全教・談話発表
「小中一貫教育や飛び入学者に対する
高校卒業程度の認定制度等に関わる中教審答申について」

教育の機会均等など基調とする戦後の学校制度の転換は重大な問題!
その談話はこちらから

中教審答申はこちら(文科省HPより)から
’14 12/16 学習指導要領改訂に向けた
中教審の審議入りにあたって全教が談話発表。

その談話はこちらから

為政者の思うままの「人材育成」には、
憲法からも教育の条理からも反対します。 
教育再生実行会議の動きに注視を!

7/8 第八次提言発表!
「教育立国実現のための教育投資・
教育財源のあり方について」
その提言はこちら(首相官邸HP)から

<その項目は以下のようなもの>
1.我が国の成長に向けた教育投資の必要性
2.これからの時代に必要な教育投資
3.教育財源確保のための方策
4.国民の理解を得るための方策
ブログ書記長の小部屋(7/16)に批判的記事あり

 第七次提言、発表!
「これからの時代に求められる資質・能力と、
それを培う教育・教師の在り方について」
その提言はこちら(首相官邸HP)から

<その項目はこちらから>
1.これからの時代を生きる人たちに必要とされる資質・能力
~求められる人材像~
2.これからの時代を見据えた教育内容・方法の革新
~求められる資質・能力を教育によっていかに培うか~
3.教師に優れた人材が集まる改革

~教育の革新を実践できる人材に教壇に立ってもらうために~

6/3全教、批判的談話を発表!
その談話はこちらから

ブログ書記長の小部屋(15年4/23)に記事あり


<過去の提言の見出し一覧は下に>
第一次提言 ’13 2/26 
       道徳の教科化、いじめ対策法などが内容


第二次提言 ’13 4/15
   「教育委員会等の在り方について」

第三次提言 ’13 5/28
「大学教育等の在り方について」
小学校4年からの教科としての英語導入など

第四次提言’13 10/31
「高等学校教育と大学教育との接続・大学入学者選抜の在り方について」
達成度テスト(基礎レベル)と達成度テスト(発展レベル)等の導入
一点刻みの選抜にならないように
 
第五次提言 ’14 7/3
「今後の学制等の在り方について」
多様化・複線化した人材育成?

全教の「撤回を求める」談話はこちらから

第六次提言 ’15 3/4
「「学び続ける」社会、全員参加型社会、
地方創生を実現する教育の在り方について」


これらの提言の内容はこちら(首相官邸HP)から
いかに問題があるのか、
しかし文科省などはそれを着実に進めようとしているのか、
こうして改めて並べてみると一層はっきりします。
2016年も、これらとの対峙も大きな課題です。

’153/27 文科省 道徳・部分「改正」を告示
パブコメ結果も公表。5993件の意見があったとの報告。
しかし、一言一句の変更もなし。
パブコメ募集は、単なるアリバイ作りか?

それを知らせる文科省HPはこちらから

’15 四月からは、先行実施中。

ブログ書記長の小部屋で、部分的に解説(批判)をしています。
2/5 その1 + 2/17 その2 + 2/20 その3
ぜひお読み下さい。
 
’14 2/16 全教、アピール発表
体罰・暴力を一掃し、子どものたちのいのちと人権が尊重される学校を!

そのアピールはこちらから
 
'14 10/17 全教、記者発表
学校図書館への人の配置でアンケート結果を公表
まだまだ非正規が中心で、無資格の人も多いです。
子どもたちが学校にいる全時間はカバーできていません。
一層の充実を、国や各自治体に求めます。

その資料は、こちら(全教HP)から

なお、ブログ書記長の小部屋(10/20)に記事あり

’15 9/9 全教が談話を発表
「子どもたちをいっそうの競争のるつぼに追い込む
全国一斉学力テストは中止せよ」

その談話はこちら(全教HP)から 
 8/25 全国学テ結果公表
点数狂騒と全国競争に懸念を強く抱きます。
結果もさほど変わらないものに、
これだけの労力をつぎ込むことに意味があるのか疑問です。

全国の結果は、こちら(国立教育政策研究所)のHPから
高知県の結果は、こちらの県教委HPから


ブログ書記長の小部屋(8/26)にコメントあり

 /26 14年度の県版学テ、結果公表
その速報版を載せている県教委HPはこちらから
教育長コメントもあります。

「これまでに課題としてあげられてきた~内容については、
引き続き改善が必要です」のコメントが象徴しているとおり、
傾向はあまり変わっていません。
それを考えると、毎年悉皆で行う必要があるのか、疑問です。

ブログ書記長の小部屋(2/27)に記事あり

全教、学テ中止署名を連年提起中
全国の学校を点数狂騒に巻き込む学テは、
弊害の方が大きくなっています。
結果もほぼ同じ状態が続く中、
全国同一の試験で点数を比べることをやる意味はありません。

中止を求めています。

その14年度のビラはこちらから

ぜひご協力下さい。
 
☆全国学テについて☆

学テに対する高知民研の提言
「テスト中心による点数競争の教育ではなく、
子ども一人ひとりの目線に立った教育への転換を」

その提言はこちらから

2010年3月の提言ですが、今読み返しても指摘されている課題は新鮮です。

15年度は、4/21(火)に実施
学校ごとの成績公表が地教委の判断で可能になっていますが、
14年度は「公表しない」とした自治体が県内では多数。
この状態が今年も続くことを祈ります。


top
<免許更新制関係>

免許更新制度、無事終わりましたか?
次年度の方、今から計画的に準備を。
慌てないように出来る準備は早めにしよう。


高知大HP(該当部分)はこちらから

私たち組合の要求で実現した受講最終年度対象の
優先予約は15年度も行われました。


top

<全教など全国の動き>
 

第33回定期大会、2/13~14に開催
全国の様々な実態と運動の必要性を語り合いました。
戦争法反対2000万署名の推進、安倍教育再生への対抗など
これからの決意も固め合いました。

大会アピールはこちらから

1/12 全教、書記長談話発表!
16年度政府予算案に対して、教育政策を転換し
全体を抜本的に組み替えることを求めます。

 その談話はこちら(全教HP)から

3/8 全教、談話発表
辺野古・和解にあたって
 普天間無条件撤去などを求めます。

その談話はこちらから
 市民広告運動にあなたもぜひ!
「安倍政治にNO!安保法制廃止」の新聞意見広告に
あなたも参加しませんか?
一口2000円からです!

16年は、5/3(憲法記念日)・6/23(沖縄慰霊の日)を予定しています。
詳しくは主催団体(市民意見広告運動)のHP(こちら)からどうぞ

書記長の個人的なつながりからのご紹介です。

 2/23 全教、書記長談話発表!
戦争法廃止法案の速やかな審議入りで、
「戦争法」廃止の政治実現を

そのことを報じる全教HPはこちらから

  戦争法廃止2000万署名
あなたもぜひご協力を!
総がかり実行委員会が全国に提起!

署名用紙(全教・名入り)はこちらから
署名用のビラ・全教版はこちらから
全労連作成ビラ(両面)はこちらから


署名用紙もビラもどんどんと
増し刷りしていただいて結構です。

用紙は5人分ですが、全部埋まらなくても結構です。
高知県教組など、民主団体に届けて下さい。

 「戦争法」強行採決・成立に対して
9/19 全教が抗議声明発表!
その声明はこちらから

9/7全国教職員意思表示運動結果発表
全国で5万を超える教員が意思表示に参加
そのことを報じる全教HPはこちらから

7/15衆院特別委・強行採決で抗議声明
そのことを報じる全教HPはこちらから

全国は怒りが今なお続いています。
この国民の声が聞こえないのか、独裁者・安倍首相!

 12/22 全教、書記長談話を発表

中教審が三つの「答申」(12/21決定)
①教員の資質能力の向上
②チーム学校のあり方
③学校と地域の連携・協働のあり方
(なお、これらの全文は12/23現在、文科省のHPにはまだアップされていません。)

これらの抜本的な政策転換を求めます。

その談話はこちらから

 12/2 全教、書記長談話を発表
財政制度審議会「建議」に対して

そのことを報じる全教HPはこちらから

’14  7/15 全教、抗議の談話発表
「学校現場の自主性、創意工夫ある教育活動を守れ」
文科省通知「校内規程」等に関する通知(6/27)に対して

その談話はこちらから

就修学キャラバン実施
9/3  香川・徳島    9/4  高知・愛媛
高校生の就職活動解禁を前に、進路保障や経済的支援などを訴えて
四国四県を回って要望しています。

高知県に提出した要請書はこちらから

 ブログ書記長の小部屋(9/4)に記事あり
 10/30 全教が談話発表
高校生の政治的な活動に関する文科省通知(10/29)に関して、
憲法や子どもの権利条約から問題点を指摘

その談話はこちらから

 10/16 全教が文科省に申し入れ
高校生の政治的活動などに関する通知に対して
文科省「副教材の使用を義務づけるものではない」と回答

その様子を伝える全教HPはこちらから

18才選挙権実現で談話発表
6/17公職選挙法改正成立
先進国並みの18才選挙権実現へ。

そのことに関しての全教談話が発表されました。

その談話はこちらから
 
主権者教育など学校で何を教えていくかが問われています。

9/29 文科省、高校副教材を提示
その文科省HPはこちらから

教員の政治的中立性を厳格に求める内容となっています。
 特定秘密保護法は廃止を!
’14 12/10から施行されましたが、廃案を求め続けます。

内容の危険性をお知らせするマンガはこちらから
(日本平和委員会の平和新聞11/5号より転載)

TPP反対も急務の課題

’12 12/8 全教共済、反対の特別決議!
単に貿易だけの問題ではありません。
様々な生活面で、大きな影響が出ます。
その一つが、保険。こうした観点からも反対の声を広げよう。
特別決議はこちらから

TPP反対の署名に取り組もう。
その署名用紙はこちらから
全労連から提起があり、全国で取り組んでいます。
ぜひダウンロードして、ご協力下さい。
(署名用紙は元々A4両面ですが、A3片面で載せています。)

top
 
<県内の動き>
 安倍首相から、日本と憲法を取り戻そう!

徳島・高知の野党統一候補実現
そのことを報じる県労連HPはこちらから

11/27 憲法アクションが戦争法廃止に向けて
二つのアピール発表
①県内野党の結集の呼びかけ
②県民の引き続く運動の呼びかけ

それらを報じる県労連のHPはこちらから

 第41回教育講座

日時 7月24日(日) 9:30~16:45     
場所 高知大学朝倉キャンパス      
記念講演 中田 康彦さん(一橋大学教授)

教育講座実行委員会より連絡がありました。
詳しいビラなどはでき次第送ってくれる予定です。
 うちの子も戦場に
遠い未来ではない
経済的徴兵制の話


日時 5月28日(土) 10:00~12:00
場所 保健福祉センター(高知市塩田町)
参加費 500円(保育あり、1人300円) 
講師 布施祐仁さん(平和新聞編集長)

主催 安保関連法に反対するママの会@高知

ビラはこちらから
第62回 高知県母親大会

日時 7月3日(日) 9:30~16:00
場所 高知大学(朝倉キャンパス)  
参加費 500円 障害者・大学生200円 高校生以下無料

主催 高知県母親運動実行委員会 

母親運動実行委員会より、案内をいただきました。

ビラはこちらから
4/2(土) 蓮池透さん講演会
「拉致被害者を見殺しにした面々」
14:00~ 男女共同参画センター「ソーレ」
入場券 800円 (当日1000円)

詳しくはこちらから

主催団体から案内をいただきました。
 
憲法問題学習資料はこちらから

その1 「新三要件」と「自公合意」(3/31)
その2 戦争立法の内容(4/15)
その3 戦争立法の内容2(5/10)
その4 マンガ資料(6/1、全国商工新聞より転載
カラー版はこちら  白黒+解説版はこちら
その5 新婦人配付ビラ(6/2)
その6 戦争立法の内容3(7/10)
その7 県下教職員の声(8/10) 
その8 集団的自衛権とは(9/25)
 
10/7 国民大運動実行委員会
2016年度県予算に関して申し入れ提出
11月18日に話し合いを実施
 
その要求書はこちら(県労連HP)から
国民大運動実行委員会が申し入れ!
中央高校に対して、「自衛隊コース再考」を!
9/28に郵送したそうです。

その申し入れ書はこちらから

なお、県労連HPに記事あり
そのHPはこちらから

 3/19(土) 「戦争法廃止19行動」
11時から丸ノ内緑地にて
500人が参加。
参議院選挙・徳島高知合区・統一候補者も参加

その様子は、ブログ書記長の小部屋(3/22)に記事あり

県労連のHPには、もっと詳しい内容の記事があります。
そのHPはこちらから

3/11(金) 参加者が黙祷!
3・11メモリアル・キャンドルナイト
18:30~ 丸ノ内緑地

約1時間にわたり、いろいろな人が発言!
追悼の意を表すと共に、これからへの決意を語りました。

ブログ書記長の小部屋(3/14)に記事あり

県労連、ブラックバイト防止で申し入れ
12/15 労働局や経営者協会に
12/16 県教委に

そのことを報じる県労連HPはこちらから

 ブラックバイトなど、働くことで困ったことは、
労働相談0120-378-060に!

お困りの方、ぜひご相談下さい。

高知県、15年度は最賃を16円引き上げ
それでも全国最低水準の693円・・・
賃金の根本的な改善と、非正規の正規化を強く求めます。

 3/19高知県議会でも、
最賃引き上げの意見書が全会一致で採択!

その意見書はこちらから

伊方原発、再稼働に向けて強行中
しかもより危険なプルサーマルの3号機を!?
その危険性を顧みない「金の亡者」的な
再稼働推進の発想は許せません。

伊方原発を止める会の抗議声明などはこちらから

11/1には4000名の抗議集会も松山で実施
福島の今は
プロメテウスの罠取材で知った福島の人々

主催 原発をなくし、自然エネルギーを推進する高知県民連絡会
日時 4月10日(日)14:00~16:00
場所 人権啓発センター6階ホール

詳しくはこちら

200人近くの参加者で行われました。

 福島を繰り返さない!
伊方原発再稼働を許さない4・23in松山


主催 伊方原発を止める会
日時 4月23日(土)13:00~16:00   
場所 松山市堀之内「やすらぎ広場」

詳しくはこちら
署名「伊方原発を稼働させないでください」
ぜひあなたもご協力を。
署名用紙はこちらから

伊方原発を止める会から要請がありました。

 2/11(木・祝) 300名の参加!
「2・11建国記念の日」に反対し、
日本のいまと明日を考える集い

小幡尚さん・岡田健一郎さんのダブル講演など、
 「建国記念の日」に憲法を考え、
これからの運動を展望する学び多い集会になりました。

集会アピールはこちらから

集会で好評を博した近藤智子さんの「平成世しや武士」はこちらから

主催団体から報告をいただきました。

top
組織拡大がんばろう
 
 あなたも高知県教組に!

高知県教組の宣伝ビラを作っています。
こちらからどうぞ

共済の宣伝ビラもあります。
こちらからどうぞ

組合の活動紹介ビラもあります。
こちらからご覧下さい。

加入用紙はこちらから。
ただ、加入用紙に限らず県教組に「加入したい」との
メールを送っていただければそれでかまいません。
3/20 教職員人事異動発表!
 異動の一覧表はこちら(県教委HP)からどうぞ

異動に関することで、もし相談されたいことがありましたら、
高知県教組にご相談下さい。

☎088-822-4135
退職される先生方、ぜひ退職三団体へ!
長い間のご奮闘、本当にお疲れ様でした。
先輩として今まで導いて下さったことに
心から感謝申し上げます。


義務関係のみなさん・・・退教協へ
県立関係のみなさん・・・高退協へ
女性教職員のみなさん・・・退婦教へ


呼びかけ文はこちらからどうぞ
 各団体の紹介はこちらから

全教共済の継続加入が出来ます。
ぜひご検討下さい。

詳しくはこちらから
県教組の歴史、DVD化!
「40年史」や教育雑誌「るねさんす」等を収録

詳しい案内はこちらから

top
<専門部関係>

女性部、元気に活動中!


1/7 県教委に申し入れを実施。
パワハラ防止、妊娠中の負担軽減と権利保障、育児支援など
女性教職員の願いをまとめて、改善を求めました。

2/5に話し合いの予定。

その申し入れ書はこちらから

14年の女性部アンケート結果をまとめた教育通信(’15年2/10号)はこちらから

セクハラ・パワハラアンケート、まとめの全教パンフはこちらから

女性部の役員選挙も開票実施!
全員信任でした。

その結果の号外は、こちらから

選挙公報は、こちらから

養護教員部

12/19(土) 学習会・講演会を実施!
会場  保健福祉センター(高知市塩田町)

①10時~ フッ素洗口に関する講演会
講師 成田憲一さん
(日本フッ素研究会会長)
『虫歯は減っているのに、
フッ素洗口をおしすすめるのはなぜ?』
50名以上の参加で大成功。
その様子は、ブログ書記長の小部屋(12/21)に。

*なお、この講演の内容は、教育通信2/10号に載せました。
こちらからどうぞ、ご覧下さい。

②13時~ おしゃべり保健室 パート3
こちらにも、多くの人が参加。
日頃の疑問や困りごとに話が尽きませんでした。

事務職員部

2/17 臨時任用期間で再度申し入れ
空白の期間短縮、当面時期の変更を

現行8/1~14の二週間 → 廃止または12/29~1/3への変更

文科省交渉(11/27・全教事務職員部)の結果も受けて、
学校行事に影響がより少ない形への変更を強く求めました。


その提出した申し入れ書はこちらから
 9/29  二つの申し入れを県教委に!

①臨時事務職任用期間で申し入れ

空白期間の短縮・夏休みから冬休み(年末年始の休業中)への移行などを要望
その要望書はこちらから

なお、2月17日には、新たな要望書を提出予定


②通勤手当認定等で申し入れ
認定基準の統一などを要望
その申し入れ書はこちらから

12年度にも申し入れていましたが、その後の変化も踏まえて、
改めて申し入れをしました。
詳しくは、ブログ書記長の小部屋(9/29)に解説あり
’14 3/10 事務職員部が申し入れ
小中学校への事務長(管理職の位置づけ)設置で
懸念される問題点を伝え、改善を求めました。

その申し入れ書はこちらから

14年4月1日付け異動では、二人に発令されました。
障害児教育部

全教障教部は二つの提言を10年4月に発表
1.どの子も大切にする、通常学級・通級指導教室・障害児学級の
教育のあり方について
2.高校・高等部における特別なニーズを持つ子どもの教育について
詳しくはこちらからどうぞ
  あなたもご協力下さい。
設置基準を求め、運動しています。

特別教室の普通教室転用などをやめさせましょう。
全国的には、カーテンで仕切った教室も。

16年度の署名用紙はこちらから

説明のビラはこちらから

図書館司書部・図書館職員対策部で
学校図書館の充実を求める署名に取り組んでいます。
ぜひご協力下さい。

そのことを報じる全教HPはこちらから

その中に署名用紙などのデータや資料もあります。
 

 青年部も、元気に活動中!

活動紹介パンフ作っています。
そのパンフはこちらから
栄養士部も活躍中!

定期的な学習会の開催など、
お互いを高め合う取り組みをしています。


top
<その他>
以下は、いろいろなご案内です。
教育のことでお悩みのことは
ありませんか。
どうぞお気軽に教育相談所にご相談下さい。

入り口はこちらか、左のリンク一覧からどうぞ

 HPもリニューアル、場所も教育会館1階になり、
新しい体制で相談活動を開始しています。
各種会議はもちろん、歓送迎会や懇親会・宴会などは
ぜひ高知城ホール(教育会館)へ!

高知城ホールのHPはこちらから

教育相談所HPもリニューアルしています。
クレスコ(教育雑誌)を読んでみませんか。

 最新4月号、販売開始!
特集・「2016教師になったあなたへ」
その案内はこちらから

 3月号、販売中!
特集:命を尊ぶ学び ~東日本大震災から5年~ 
その案内はこちらから

ぜひ購読して、学習会や集会で読み合い学んでみませんか?
年度替わりの今、自分の実践を見直すためにも参考になる雑誌ですよ。
定期購読をお誘いするビラも出来ています。
そのビラはこちらから

お申し込みはこちらからどうぞ

*退職される方もぜひ購読を継続して下さい。

教育通信、発行中!学校で、また家庭で読んでね。

 最新 3/25号発行
1面 2・11集会+酒蔵で9条と教育を語る会 2面 新採さんいらっしゃい等
3面 全教・高校教育シンポ+香美スキーツアー 4面 クロスワードなど


3/10号はこちらから
1面・年度末の今、学校を見直そう  4面・「3・19」集会、職員録発行中止
 2・3面・戦争法廃止の署名推進の訴え

昨年度並びに今年度発行の教育通信は、
左のページ案内からお入り下さい。
あなたも全教共済に入りませんか
15年度新規加入者には、マモルントートバッグをプレゼント

いつでも加入できる共済
総合共済・火災共済・自動車保険
教職員賠償責任共済・くらしの賠償責任共済

生命・医療・新傷害共済合の次の新規加入は、
春募集、現在実施中。
本来は、6月加入・8月~7月の一年保障ですが、
ニーズにお応えしての年度途中の新規加入の募集です。
加入できる生命・医療・新傷害共済の説明はこちらから
申し込み書はこちらから

各共済の詳細は、下のチラシをご覧下さい。
総合共済   教職員賠償責任共済   火災共済   
生命共済  新傷害共済  年金共済   全教自動車保険   
医療共済(含む・終身タイプ) くらしの賠償責任共済

その申し込み用紙はこちらから

加入したいと思われる方・ご質問のある方は、
高知県教組または郡市高教組にご一報を。
高知県教組 088-822-4135
ぜひ多くの方に広げて下さい。助け合いの心を、教職員みんなにぜひ!

資料ご希望の方は、県教組までメールを下さい。お待ちしています。
 台風等自然災害で被災された方々
火災共済などの給付、申請漏れはないですか?

被災された方々に共済からの連絡文書です。
ぜひお読みになって、給付申請を。
また、お困りのことはぜひご相談下さい。

給付は、3年前までOK.まだ大丈夫です。

その連絡文書はこちらから

  自動車事故!その時、失職の危機から
あなたの身分を守れるのは、

24時間、事故が起こったその時から動いてくれる全教方式の
全教自動車保険のみ。強い味方です。

資料ご希望の方は、県教組までメールを下さい。お待ちしています。

自動車保険の見積もりキャンペーン実施中
依頼した人は、ハーゲンダッツがもらえますよ!
 紹介者にももらえます!回りの人に勧めよう!
その宣伝ビラはこちらから
その見積もり依頼書はこちらから

 三月に退職される方、ぜひ全教共済継続加入を
退職されてからも、あなたをお守りします。
医療・生命・火災・自動車などはそのままでOK
医療共済終身タイプもあります。ぜひご検討を。


退職後、改めてご自宅にご案内を差し上げます。
どうぞお読み下さい。

お問い合わせは、県教組まで

電話 088-822-4135
「あなたのそばに県教組」!
県教組メル友募集中!
メール通信を希望される方は、OKのメールを県教組に送ってね。

top
<高知県教組の思いです。>
教え子を再び
戦場に送らない
戦死せる教え兒よ    
           竹本 源治

逝いて還らぬ教え兒よ

私の手は血まみれだ!

君を縊つたその綱の

端を私も持つていた

しかも人の子の師の名において

嗚呼!

「お互いにだまされていた」の言訳が

なんでできよう

慚愧 悔恨 懺悔を重ねても

それがなんの償いになろう

逝つた君はもう還らない

今ぞ私は汚濁の手をすすぎ

涙をはらつて君の墓標に誓う

「繰り返さぬぞ絶対に!」

    『るねさんす』44号(1952年)より












高知県教職員組合
(高知県教組)

〒780-0850 
高知市丸ノ内2-1-10
       高知城ホール内
電話  (088)822-4135
FAX  (088)823-2355
開設 2004/05/20 top