入浴いろいろ

訪問入浴サービス

  浴槽を組み立てたところ

             体部分          頭部分

週1回訪問(夏場は月6回まで可能)、一般的には1回¥1000.−。
担当責任者、浴療士、看護婦、3人のチームで手際よく進み、
看護婦さんが検温、血圧測定、脈拍測定をしている間に、浴槽のセット、お湯だし、です。

そのお湯だしは、家の電気、水を使ってお湯を沸かす。(順繰りのところもあるし、自分のところのもある)
原則として、18歳以上が対象だけど、子供の状態によっては18歳未満でも対処してくれるよ。

バスタオル、フェイスタオルもサービスの方で持参してくれるようになって助かっている。

沐浴剤(サービス側)でも石鹸(自宅のもの)使用でもよい。
最近は、お茶風呂で、いい香り〜♪
入浴開始温度(やや低め)と湯上り温度(やや高め)も調整して入れてくれる。
声がけも、ちゃんとしてくれて、感謝です〜。

湯上りに、TOMOはカニューレの濡れたヒモ、Yガーゼの交換も手伝ってもらっている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

洗髪槽

首にあたるところは、マットを敷く。

左下の金属棒の先にハンドルがあって、
それを廻すと、
体を支えるオレンジ色のシートが、上下する。

家族で〜

抱っこ用
入浴椅子!?



ビールケースをサカサマにして、上にマットを固定。
入浴サービスの方が、マットを作ってくれた〜♪
(上の写真の首マットと同じ材質)

緊張が強いので、
1人で入浴用椅子に座らせても落ちつかないし、
そこから抱き上げたるするのも、力が入る。

生まれた時の手順で、今でも入浴〜。A^^;)
床から抱き上げるのは、重いので、
ふたりで腰掛けられるようにした。

父さんが入れるほう、かあさんは着せるほう。
お風呂場まで、吸引器が行く事もあるよ・・・。

   
<浴室改修>〜TOMOが小学低学年の時にしました。
        今では手狭になってしまいましたが、何かのご参考になればと思います。

 浴槽、(800×1200 和洋折衷タイプ 52〜3cmに埋め込み=底の深さ)

うちは、抱っこしたまま浴槽に入るので、
私の入れやすい高さ深さに浴槽(和洋折中タイプ)を埋め込んでもらいました。
洗場と浴槽の底のを同じ高さにしてもらいました。
違わない方が、入りやすいし出やすいです。
ふちが高さは、52〜3cmありますが、いったん足を置いてまたぐと大丈夫です。
(今は夫が入れてますが、私でもどうにか大丈夫。TOMOは31キロ)

 浴室の出入口 (引き戸で、85cmは開きます)

以前は70cmくらいしか開かなかったのを、
壁を壊して、広めの引き戸にしました。
今は、3枚戸で、もっと開くのがあるそうです。

 廊下の仕切り (アコーデオンカーテン)

玄関からの廊下が、浴室と居間の間にあって、
冬場の移動に寒いので、仕切りとして、アコーデオンカーテンをつけてもらいました。

あまり長いものだと動きが悪いので、天井から、50cmくらいの壁を作ってもらい、
高さ200cmのアコーデオンカーテンをつけました。
真冬はストーブをつけています。

 洗面場

その当時は、その場所でTOMOの着替えもできるくらいのスペースを
確保したのですが、
今は、ぜんぜん無理です。^^;)

 トイレ

洗面場とトイレをアコーデオンカーテンで仕切り、開くと一体になります。(車イス対応)
TOMOも使えたらいいなとウオシュレットにしましたが、いまだ未使用。^^;)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

TOMOのために改修したのに、手すりもないし普通の浴室に見えるので、
これがTOMO使用と認められず、
固定資産税免除の対象になりませんでした。
おかしいですよね。

   
その他〜考えられる事&事例

浴槽がもし深いなら、
浴槽の中に、低めの椅子(台)を沈めたら、
立ち上がりが楽かもしれません。

据え置き式の浴槽なら、
洗い場に足つきスノコを作って使っている方もいます。

車イス移動のために、ほかの部屋と浴室の段差解消。
あとづけなら、スノコ活用。

浴室の広さにもよりますが、
その中に、リフトを入れるのが可能なら、
便利そうなのが、いろいろ出ています。
でも、知り合いでは、まだいません。(それほど広い浴室でない・・・)

全介助の子供のリフトというのは、設定が難しく、
うちでは、使えそうなのがありません。

住宅改装の助成の対象になれば、20万まで出ます。
1回しかつかえません。
(地方自治体によっては、全額助成というところもあります。)

浴槽の補助が出ますが、洋式浴槽(浅い)だけだったような気がします。(うちのはダメ)
給湯器も補助が出ます。6万くらいだったでしょうか。

また、ヘルパーさんにお風呂の介助の手助けをしてもらうのも
いいかもしれません。
浴槽から出る時に、お子さんをバスタオルなどに包んで、
いっしょに持ち上げてもらうだけでも、少しは楽だと思います。
お母さんは恥ずかしいから水着着用かな。

浴槽に入るのが、とても大変という事であれば、
お子さんの体にバスタオルでおおい、
熱めのシャワーをかけると、割と暖まります。

地域の児童相談所、更生相談所に相談すると、
いい方法を考えてくれそうな気がします。

ホーム