〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
TOMO的支援費支給制度の経過3〜調査
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2002/12/6 支援費の調査(聞き取り)
2002/12/9 障害支援もすぐ対応〜(*^^*)


2002/12/6 支援費の調査(聞き取り)

前回、提出済みの申請に基づいて、
現状、TOMOの様子、サービス利用状況、
今後のサービスの利用予定の聞き取り。
話は、あちらこちらに脱線〜2時間ほどかかった。(*^^*)

区の職員さんが、ふたり〜♪
障害支援の方はスロープ関係で、
数年訪問指導していただいた元児童相談所の先生が、支援費の調査。

全介助だからチェックはしやすかった。(爆)
コミュニケーションに、<不可、一時可、可>があって、悩んでくれた。
この調査上では、不可だと思うけど、
精神発達の先生なので、わかってあげたいという気持ちとの葛藤で、
<確定不可>と決定。(*^^*)
わかる人には、通じる〜!?!

今もヘルパーさんをお願いしてあるけど、土日は、ほとんど利用できない。
知的障害専門ヘルパーをやっているところでは、
土日もしていて、単品の外出介助などもOKらしい。
そちらの方にも、申し込みをお願いした。

「お母さんの自由になる時間はありますか?」
一応〜通所施設に行ってる週3回、10時から3時までは、どうにか自由。
TOMOが出かけてから家事をするので、
実質は、もっと時間がないけど、
通所出来るようになって、ずいぶん助かってる。

聞き取りの最後に、
<要望、希望、夢>という欄があって、
いままで脱線していた話の総まとめ〜♪

書く欄が狭いので、

控えめに、医療的ケアも出来る親子では入れるグループホーム。
           子離れできないわけではありませんよ〜〜。
            グループホームを作るのに資金が入るわけで、
            それを出資したら、老後こまりそう〜〜。


現実的に、職員さん、教師さん、ヘルパーさんも医療的ケアが出来るように。
           親と看護婦さんだけしか出来ないのでは、
            在宅介護と言っても、むずかしいし、子供たちの生活の幅が広がらない。


経済的に、福祉車両の助成を。
            リフト車だと60〜70万、スロープ車だと100万くらいのアップ!
            障害者自身が運転する為の改造は助成あるので、
            介護用改造も助成をしてほしい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

障害支援の職員さんには、スロープ請求書のついでに〜、^^;)
吸引器の申請書類、ガソリン券も持ってきていただいて、大助かり。

この際だから、いろいろ聞いた〜。
ガイドヘルパーさんは、利用できるの? (ヘルパーさんでOKだけど)
ストレッチャーも助成が利くの? (車の中に入れたらどうだろう)
etc、etc。


2002/12/9 障害支援もすぐ対応〜(*^^*)

先週の金曜日には5時半までかかったのに、
そのときの質問に、もう返事があった。
最近は、お役所も早くなったんだね。(*^^*)

土日〜TOMOとうさんが会社だと、
ふたりっきりで、2日間とも家の中という事もあったり、
施設の行事の代休があったり、
もう身動きできなくて、閉じ込められたような気持ちになってくる。
そんな時に、ヘルパーさんに来ていただきたいなぁと思っていた。

今は、毎週何曜日と決まっているし土日はお休み・・・。
土日も営業しているところがあると聞いたので、障害支援の方に確認してもらった。
登録すれば、単独で月5回は可能になるという。
これは、助かる〜〜。

ちょっと出かけたいと思っても、
TOMOとふたりだけではと、あきらめていた事が多かったもの〜〜。
(車中の吸引も必要なので〜〜)

ヘルパー業者変更届(追加)の用紙も郵送してくださるようで、感謝!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

よくわからないけど、ガイドヘルパーは利用できません。
その分、知的障害対象ヘルパーさんが外出時に対応予定。

ストレッチャーというのは、助成の対象外で、
それに車椅子的機能があれば、車椅子として助成はきくそうです。


 ホーム