〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
TOMO的支援費支給制度の経過5〜実施にむけて
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2003/2/10 通所施設の調査
2003/2/12 支給枠
2003/2/13 連合保護者会(通所4施設合同)
        成人後見人制度の必要性、手続きの説明。


2003/2/10 通所施設の調査

今になって気がついた。
支援費制度でサービスを利用するのには、
それぞれのサービス先からの調査を受けなくてはいけないらしい。         

ただ、お願いします、契約、サービスとは行かないようだ。

この前は新規のヘルパー事業者の調査、
今日は、通所施設の調査。

昨年行われた、区役所の支援費支給調査とは別に、
同じような事を、それぞれ1時以上もかけて話をしなくてはならない!!
双方のコミュニケーションの意味合いもあるが、
もう少し、簡素化出来ないものだろうか。

いっぺんに集まってくれるとか、
区役所に問い合わせば、資料を提出してくれるとか〜〜。
ここには、コーディネーターが存在していなかったのだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4月から支援費制度になるので、
施設(知的障害更生施設)でも調査が始まりました。

TOMOはその施設併設のB型(重症心身障害者通園事業B型)なので、
支援費制度の対象ではないが、いっしょに調査をする事になったらしい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<訂正>これは、義務としての調査でなく、
    支援費制度になるので、施設独自の今後の指導目的の調査でした。


2003/2/12 支給枠

今日〜友達からの話。
区役所から電話があって、
支援費支給のホームヘルパー内容が現在利用している時間数だけで、
それ以上の許可が下りないと言われたらしい。

前から、<利用に実績があったほうが良い>というは聞いていたけど、
実績が支給枠になるとは思わなかった。

4月から利用予定の人は、4月を待たないで、
今から申請をして利用した方が得策かも〜〜。


2003/2/13 連合保護者会(通所4施設合同)

成人後見人制度の必要性、手続きの説明。

支援費制度になるので、契約はあくまで本人(成人)で、
親などが代わって契約することも、現行では、「やむをえない場合がある」としている。
が、法的には、まったく有効でなく、問題が発生した場合は、
権利がない事になってしまう。

そこで、是非とも成人後見人になって、契約を有効にしましょうというお話。

この事によって、本人の財産管理もはっきりしてくるので、
グループホーム立ち上げの時は、そのまま移行しやすいという利点もあるようだ。

ただ、手続きがちょっと複雑・・・。
家庭裁判所、診断書、鑑定書〜〜と聞くと、う〜〜〜ん大変かな。
まずは、ドクターの鑑定書が、高額(5〜20万)!

たしかに、親子一体型からの脱却にはなりそうかな。


 ホーム