〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
TOMO的支援費支給制度の経過9〜動き

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2005/2月〜吸引OK!  グランドデザイン!?



2005/2/8 吸引OK!

ポンと飛び込んできた、
「在宅患者のたん吸引、ヘルパーでも可能に 厚生省方針」の知らせ!!

2年前に、ALS患者さんだけを対象に、
ヘルパーさんが吸引をする事が認められたが、
他の吸引を必要とする人には、認められなかった。

今まで、生きていくために必要な痰の吸引に、
24時間〜家族が付きっ切りという状態だった。
それが、ヘルパーさんにもしていただけるようになれば、
在宅生活も家族負担がかなり減りそう。
それに、本人の活動の幅も広がる。

痰の吸引をしないで呼吸状態が悪くなるより、
吸引する事自体の危険性のほうが、ずっと少ないと思う。
まだ、研修講習といったいろいろの問題はあるが、
家族にとっては朗報である。(*^_^*)

それとは、話が違うが、
ヘルパーをするのに、ヘルパー2級の資格では、
介護が出来なくなるという話も聞く。
今のヘルパーさん達が、みな介護福祉士の資格を取るというのも、
並大抵に事でないはず。
これが、本当の話なら、介護のヘルパーさんの絶対数が少なくなり、
希望しても派遣されないという事が起きると思う。



2005/2/16 改革のグランドデザイン案!?

昨年から、ぼちぼち聞こえてきたが、何の事かな?だった。(^^ゞ

今日は、障害者団体地区活動で、「グランドデザイン」のお話を聞いた。

心地よさそうな響きだけど、
支援費の財政難を解決するために生まれた「グランドデザイン」。
はて、どうなるかな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まだ、わからない事が多いが、利用者の負担が、増える事は確実。

   ○ヘルパー利用の一律一割負担〜(18年1月から)
     月額負担上限はあるものの、300万以上(世帯)の収入で、¥40200。
     1割負担、1時間400円として、100時間で、40000円。
     一人暮らしの方は、どうされるのかな・・・。

   ○介護ヘルパーは家事ヘルパーの約2倍の利用料金

   ○自立支援医療費(?)〜(17年10月から)
     所得税30万以上は、自己負担1割。

   ○ 通所、入所の費用1割負担? 食費の自己負担。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ケアホーム と グループホーム 

   ○ケアホーム・・・重い障害で介護を受けながら生活
     一見良さそうだけど、なんと定員が11名!!
     これではミニ施設、家族的なふんいきは感じられない。
     
   ○グループホーム・・・就労の訓練の場としての位置づけ、定員4〜5名)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

毎月の年金を切り詰めて、
住環境(バリアフリー)や移動(福祉車)を良くしようとしても、
こう負担が多くなってくれば、毎月の生活に追われて、無理。
親の老後も目の前、先行き〜不安になってくるなぁ。


 ホーム