〜〜〜〜〜〜〜〜
晩夏の戴きもの
〜〜〜〜〜〜〜〜

by TOMOとうさん

友人から蟹を戴い〜ワタリガニ。

<友人の話>
満月の晩?(汐の加減)日にちが変わる頃、
たも(網)を持って岸壁に出掛ける。

海面をライトで照らすと、浮き上がってくるので、、
そこをたも(網)で掬う

TOMOかあさんが、上からなぞったら・・・タッチが違う〜?!

私は、砂地に居る蟹しか見たことがない。

子供の頃、よく家族で海水浴に行ったものだ 。
バスは満員、丘を越えると、歓声と共に海の匂いがバス中に拡がる。

砂浜には、小さな蟹がいっぱい、
巣穴の周りには、小さなお団子積み上げ、近ずくとさ〜と、穴の中に逃げ込む。

お皿に乗った、堂々たる姿、
戴く前に思わず描いてしまった。

今度は生きた姿を見てみたい。
岸壁から落ちないように〜!

    なんだか、タラバガニに変身したような!?
                by TOMOかあさん

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鬼灯を戴いた。

昔、妹が人形を作って、遊んでいたり、
中身を出して口に入れ、音を出して遊んでいた。

昔はどこの庭にもあったものだが、
最近はあまり見かけなくなった、
そして朝顔も、歳のせいか妙に懐かしい。

夏は、素麺、冷麦、ビール、枝豆。
薬味に、茗荷は欠かせない!!

何かわかるかな〜?

今年の新米〜、超早場産
透き通った白さがきれいだ。

ホームに戻る