月浦(バウティスタ号出帆の地)

(宮城県石巻市)
       

  ●支倉常長、政宗の「密命」を帯びこの地より出帆  雄勝町呉壺で建造された使節船サン・ファン・バウテ ィスタ号は、この月浦へと廻航され、慶長18(161 3)年9月15日、慶長遣欧使節団180余名を乗せて  遠い異国の地へ旅立ちました。この月浦が出帆の地とし て選ばれた理由については、石巻近郊で水深も深く風波 を避けるのによい地形だったからと考えられています。  この日本の外交史上、画期的ともいえる慶長遣欧使節 ですが、その目的は一体なんだったのでしょうか。一般 的に知られていることとして、 (1)奥州へのフランシスコ修道院宣教師の派遣 (2)ノビスパニアとの直接通商 (3)金銀採掘技術、製錬技術の習得 などがあげられます。しかし、現地での常長、及び宣教 師ルイス・ソテロの発言などが政宗は何か別の目的で彼

(1)バウティスタ号出帆の地

らを派遣したのではないかと考えられています。 ●慶長遣欧使節は「奥州王」伊達政宗の最後の野望か?  使節派遣の真の目的には (1)南蛮国への検察使(=国防説) (2)海軍国との軍事同盟締結(=倒幕説) などが仮説としてあげられています。国防説については 当時、国内にはキリシタン信徒が爆発的に増えていたた め、カトリック教国による「日本侵略」というのは風評 として伝えられていました。国防説は万が一の状況に備 えて、また関ヶ原で失策した政宗自身の面目躍如、及び 幕府へ忠誠という意味も含めて常長を「敵地偵察」とし て派遣したというものです。これは伊達治家記録慶長1 8年9月15日の条の「・・・其ノ地ノ様子ヲ検察シセ メ・・・」の文面が根拠となっています。そして次の倒

(2)伝・南蛮人使用井戸

  幕説が最も有力とされている説です。 ●野望実現!!江戸幕府は二代目で「幕末」?? これは当時「無敵艦隊」と称され世界最強の軍事力を 擁するスペインと軍事同盟を締結し、家康の死後、この 強大な軍事力を背景に幕府に戦いを挑むというものです。 これはまず幕府の禁教令を無視して宣教師の派遣を要請 していること、また徳川幕府下で一外様大名として存在 していた政宗が「奥州王」伊達政宗として「日本皇帝」 徳川家康と対等な立場で書状を送っていること、そして 何よりルイス・ソテロのローマでの発言、「スペイン王 とローマ法王の援助さえあれば政宗は皇帝を倒し、自分 が皇帝になる用意がある」というのが根拠になっていま す。発言は書状と違い形として残らないため、すぐに「 史実」とはなりません。しかし、近年ローマのイエスズ

(3)支倉常長銅像

  会文書館に「政宗は天下に対して謀反を起こす気」とい う宣教師アンジェリスの書簡が確認されました。さらに もう1つ。政宗が寛永5(1628)年に政宗が前将軍 秀忠を自分の屋敷に招待した際、毒味の要求に対し、「 将軍家を殺そうと思ったのは10年も昔。そのときも毒 などではなく、馬に乗り戦で殺そうとした」といって毒 味を拒否しています。政宗自身、江戸幕府成立以後も天 下取りの野望を抱いていたことだけは確かなようです。 ●参考文献 学研 歴史群像戦国ベストセレクション    風雲伊達政宗 学研M文庫 小和田哲男 史伝伊達政宗 宝文堂 紫桃正隆 危うし獨眼龍          −伊達政宗の見果てぬ夢− 及び石巻教育委員会作成現地説明版

(4)展望台からみた月浦の全景

石巻市HPへ


もどる