南部系こけし


盛岡市、花巻市から発生して系統で、形は肩が丸く裾が括れたキナキナで、古くは幼児のオシャブリにしたので、木地肌の綺麗なゴサンバラ材で、無彩が伝統南部系と言われています。遠刈田系の影響で同にロクロを描き、重菊、ヨダレかけ模様を描く工人もいます。


常川新太郎

明治40年4月29日生

昔、遠野で作られたこけしを、昭和12年頃から、本人によって復元された。

 
Bt0072.gif (2616 バイト)
こけし
ページ
へ戻る


最終更新日 : 2000/03/20.