遠刈田系こけし


宮城県遠刈田郡の遠刈田温泉に近い遠刈田新地を中心に発達しました。
遠刈田系の特徴は、頭部に比較して胴は細く、構造はほとんど「押し込み式」です。
頭部は赤の放射線、前髪から鬢まで赤の鬢飾りが描かれ、胴は華麗な各種模様があるが、重ね菊が最も多い、ほかには桜くずし、枝梅、木目、など多様です。

各工人の作品をお楽しみください。

 



こけし
ページ
へ戻る