津軽系こけし工人


佐々木金一郎(故人)

大正7年5月13日生
師匠 佐々木金次郎(父)

まだ、こけしの収集をしていないときに、大鰐温泉に、スキー旅行行した記念に購入したもの。
胴には、アヤメの花を描彩していた。

盛 秀太郎(故人)

明治28年11月28日生
師匠 盛 元吉(父)

収集始めの頃、この人のこけしが欲しくて温湯温泉に、買いに行きましたがすでに製作していなくて買えませんでしたが、盛岡のこけし店の主人が収集している人を知っていて紹介していたていただいて、やっと手に入れることができました。

奥瀬鉄則(故人)

昭和15年8月21日生
師匠 盛 秀太郎

この人のこけしも、温湯温泉に買いに行きましたが、人気工人ということでなかなか手に入りづらく、予約して1ヶ月後に取りに行って、手に入れたものです。

佐藤善二(故人)

大正14年5月14日生
師匠 盛 秀太郎

温湯温泉の佐藤善二さんの製作所で、購入した。
黒の描彩した方は、底に足を描いてあります。

(左)阿保六知秀 昭和25年4月14日生
(中)佐藤佳樹   昭和24年9月26日生
(右)小島俊幸   昭和24年5月26日生
師匠 佐藤善二

温湯温泉の佐藤善二さんの製作所で、購入した。

間宮正男

大正10年3月10日生
師匠 間宮明太郎(父)

大鰐温泉のこけし店で購入した。

 

島津誠一

昭和5年11月4日生
師匠 島津彦三郎(父)

大鰐温泉のこけし店で購入した。

 

 

毛利専蔵(故人)  

大正5年11月22日生
師匠 毛利茂太郎(父)

温湯温泉の毛利専蔵さんの製作所で予約し、3ヶ月後に再度訪問し購入した。

 

 

村元文男

昭和6年6月12日生
師匠 毛利専蔵

黒石市の自宅で購入。
右側の赤い描彩のこけしは、10年後に友達の結婚式の帰りに、突然、お邪魔して完成品が無く、描彩の途中の物を本人が、まだ完成していない
からダメだという所を無理やり購入した。

長谷川健三

昭和17年6月25日生
師匠 長谷川辰雄(父)

最近、仙台市のこけし店で見つけて購入しました。
胴のねぶた絵のダルマが珍しい。

北山盛治

昭和22年8月29日生
師匠 山谷キヨ

最近、仙台市のこけし店で見つけて購入しました。
胴のねぶた絵のダルマが珍しい。


先頭に戻る
Bt0072.gif (2616 バイト)
こけし
ページ
へ戻る


著作権情報
最終更新日 : 2000/06/30